更新履歴
最近、中古車の流動性がたいへん強まっております。出展車御購入御希望のお客さまには早急にお電話(03- 3329- 0081)にてのお引き合いをよろしくお願い申し上げます。

2017年
11/8 話題のドライブレコーダーで安全と安心を

10/31

英国来2016年110中古車コリスグレー、極少走行です。

10/5

2011年ストナウェイグレイ110入りました

9/28

激レア、Td5・TdCI新品エンジンユニット

9/10

ディフェンダー110用フルフラットベッドユニット

8/23

1998年90限定車白色入荷です。

3/1

オールグロスブラック110は1250万

2/15

オリジナルレンジローバー再現世界限定10台「Reborn in 2017

1/24

新車オートバイオグラフィ90入りました。
11/6 新車コリスグレー90アドベンチャー、最後のチャンスです。

10/31

編集に手間取り申し訳ありません。ランドローバーオーナーショウ2016ピーターバラ、掲載。

10/19

新車110サントリーニブラックです。

10/11

ファイナル限定アドベンチャーコリスグレー到着。

10/11

ファイナル限定アドベンチャー白到着。新車では二度と来ないかも。

8/18

シートをトップグレードのレザーシートにしましょう

5/29

オリジナルシリーズワン25台限定再生車

5/14

スターテックのシリーズ3.1仕様カスタム。クルマの表現を全力でお手伝い致します。

3/6

2013年式黒色新車数台入りました。

2/10

110ケスウィックグリーン新車入りました。

8/23 ファイナルイヤーモデル用テスターをご用意致しました。

8/19

110用リアクウォーター・リフトウィンドウで110の可能性大幅アップ

7/27

ホワイト新車をベースに、レッド110を制作為さったオーナーさま在ります。

欲しいボディカラーがなければ、塗ってしまえばそれで宜しい。

ディフェンダーは今年で終わりですから、考え方を切り替えていきましょう。価格は御相談下さい。

7/24

7月24日発売「LEON」9月号に特集です。

6/19

ディフェンダーのリフレッシュリストアを御提案します。

6/9

遂に、ディフェンダー全車種、生産予定数完売と発表されました。

4/10

ディフェンダーは最終生産体勢に入っていますが、まだ間に合います。
豪勢にオプションを盛り込んだ110フジホワイト。こうした仕様も今ならまだ間に合います。

3/11

2011年110ブラックSAS入りました。

3/10

ファイナルリミテッドのAT仕様車です。御参考迄に。

2/12

御希望にお応えすべく絶え間ない発注が功を奏し、各色続々入荷しております。お早めに御検討下さい。

1/9

ファイナルイヤーリミテッド、3種類と豪勢なリリース。

1/5

新年、明けまして御目出度うございます。
今年もよろしくお願い致します。

いよいよ、DEFENDERには運命のラストイヤーに入りました。
ここで、モデルイヤーと生産年度の関係に就いて御説明申し上げます。

90/110は、今年の12月までは生産する予定になっていますが、12月までは買い付けることは出来ません。
作るというだけで、売り続けるという訳ではないのです。
12月生産分に間に合わせるには、今年の初春がラストオーダー時期となると考えられます。生産予定台数は決まっており部品も既に発注されている筈ですから、何時オーダーストップが掛かるかは、全く分からないのです。
残念ながら、トラック仕様は既に終了となっております。
残っているのは90と110のワゴンとバンですが、現時点では新車オーダーの打ち切り時期は、おそらく今年の2月から3月頃と見られ、納車は年末から来年早々になるとされています。凡そ千二百台が記念限定車として発表されていますが、この枠はワゴンとバンの生産枠から切りとられますので、通常仕様車の総生産台数はその分削減されることになり、より早く受注を締め切られる可能性もあります。
新車のオーダーが出来なくなった後は、現地の供給ディーラーが持つ仕上がり在庫車か中古ルートによる他にDEFENDERの入手は難しくなります。

既に誰かがウィキペディアにも掲載していますとおり、67年の歴史に終止符を打つ、ランドローバー・ディフェンダー。
入手の最後のチャンスを逃さないで下さい。
憧れていた皆様、何かに纏われて購入を見送っていた皆様、今年こそ頑張って下さい。

後何台、新車の輸入が出来るか分かりませんので、私どもも実に不安ですが、 2015年も円安に負けず、頑張りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

12/10 2011年左ハンドルのストナウェイグレイ110

12/5

ファイナルモデルイヤーコリスグレー、HDワイドホイルです。

10/2

ファイナルモデルイヤープレミアムシート車順次入荷予定です。

8/27

すっかりお待たせしました。ビリングフェスト2014訪問の御報告です。

5/31

110ポップトップキャンパー、ハバナグレーで入りました。即納です。

5/21

2015ファイナルモデルイヤーリミテッドのお知らせ追加致しました。

4/13

ディフェンダー用給油口カバー入荷しました。今回は文字色3色。お早めに。

4/10

新車110、ケスウィックグリーンの到着です。

3/25

4月1日から各種増税となりますが、弊社では、同日より、ホームページ掲載価格および各種お見積もり価格など全ての表記価格に関して「消費税別」として取扱わせて頂きます。

項目の多かったボディカスタムパーツ欄にアイテムナンバーを設けました。

3/15

次回入庫の2014年モデルから生産終了迄、ボンネットフロントにはDEFENDERのロゴが入ります。

2/6

現在の在庫新車を持ちまして、現行価格最終となります。次回入荷分より価格改定となります。

2/1

次回入庫より新車は2014年製造車となります。現地価格の上方改定・円安・消費税増税を各々織込む必要に迫られており、価格変更を予定致しております。

1/17

新車、続々入庫しています。
折しも、あと3か月で各種増税という緊迫した状況。高価なお買い物を控えた皆様の御要望にお応えするべく鋭意努力中です。

1/9

明けましておめでとう御座居ます。本年も宜敷くお願い申し上げます。

2013年
12/2 ランドローバーディフェンダーの生産終了が発表されました

9/14

新車110ブラックSASはATです。

8/26

お待たせ、ビリングショウ記録掲載しました。

8/1

白ルーフでクラシカルな90PU新車即納です。

7/4

110の黒、ホワイトルーフ入りました。弊社新定番として毎便数台鋭意輸入、御予約歓迎です。

6/21

不変の名車モーガンの御用命承ります。

5/30

雑誌クラッチマガジンに特集が出ました。

4/12

在英WOLFの御紹介です。新車のルーフ色オプションについてもご覧下さい。

4/5

110ブラック新車、ATにて1台御用意致しました。

3/6

新車、店頭在庫110黒をSASルックにて承ります。

2/19

車体全高を198cmにすることが出来ます

1/17

今年も宜しく。


弊社ストックヤード:全ては此処から発信されます

12/11 パネルマウントのUSB電源で携帯電脳環境に馴染みましょう

11/22

ディフェンダー中古特装車で御得に実を取りましょう。

11/20

車輌単価・各税制が御得な110HTでディフェンダーキャンピングライフ始めましょう。

11/2

冬のSASに最適ジャストサイズ・ナイスルックのスノータイヤ

10/28

PUMA車のハザードボタンは移設すると使えます

9/3

V8・90限定車向けの外装プチレストアをご案内。

9/2

アフター2007新型110のリアシートを横向き四人掛けにします。

7/31

カスタムビルダー達の意匠がディフェンダーを昇華させます。

7/25

おそれ乍らTd5は直して売ります。V8の90はそろそろマフラー交換の時期です。

6/7

ディフェンダーがボートを牽く姿を頂きました。
5/21

2012年5月21日07時36分32秒、WEB製作スタッフ観測の金環日蝕です。10分前まで雨、一瞬の雲の切れ間に姿を現わしてくれました。直後にまた雨で視認不能に。次回同じ場所で観測出来るのは千年近く先ということ。やっぱり珍しすぎます。

場所:神奈川県三浦市三崎町小網代
座標:35°9′27.22″N / 139°37′46.69″E
NikonD70: Nikkor300mmF5.6: Shutter1/1600: ApertureF22

5/14 色見本にバルチックブルー登場。シックなメタリック紺色です。
5/8 様々な用途のお車作りにストリップヘッド車体ご利用下さい。
4/24 乗客に優しいリアモニター、見えないところにサイドモニター、是非御検討下さい。ミリタリーディフェンダー順次到着致します。
4/3 ディフェンダー用LEDランプアッセンブリー1発で一台まるごと。
2/28 ディフェンダー専用、本格カーゴトレーラー登場です。
1/21 大荷物も安心、備えあればのカーゴトレーラーシャシヘッドのみでのご利用に関する御案内、各々。

弊社HPは開設時よりFlash他システム外プログラムを要するファイルを禁じ作成しております。

世界中でまだ現役のWindows95でも、漢字Talk7でも、本日発売のiPadでも、サクサクお楽しみ頂く為に。

情報は、開く側にこそフレンドリイでありたい。

それが開設時から一貫する、弊社ホームページのポリシー。流されず、押されず、勇気を以て守って来たものです。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。